糖尿病を知る

  • 糖尿病患者に必要なのはカロリーで制限ではない。1日3食の根拠も全く有りません。

    糖尿病患者に必要なのはカロリーで制限ではない。1日3食の根拠も全く有りません。 糖尿人になって、自分だけの身体の変化を感じて間違いないと感じるのは、極端な話、糖尿人には、カロリー制限より大切なモノがあるということです。 それは、糖質…

    da909
  • 糖尿病における補食が必要になる時とは?

    糖尿病患者であれば、補食という言葉を一度は耳にしたことはあるだろう・。 糖尿病の補食とは、普段の生活において活動量が増えた時などに、低血糖を防ぐためにとる一時的な食事補給をさします。 登山や水泳など、強い運動を行う際や、長時間運動する時、体育の授業時な…

    di05_2
  • 糖尿病の治療はHbA1cを下げること!は勘違い?

    糖尿病の治療はHbA1cを下げること!は勘違い? 合併症のない糖尿人は、その先に進まない事に注意するだけでいいのですが、一旦、高度な糖尿病の症状が現れた糖尿人は、その状態で踏みとどまらなくては命の危険があります。 糖尿病腎症は、透析導入原因の第一位であり、…

    da2
  • 糖尿病患者の飲酒はみのもんたで理解できる。

    糖尿病患者には、甘いというイメージがある、ブランデーはさすがにマズイだろうと考えていたが、糖尿病を患っている、みのもんた氏が毎晩、銀座や鎌倉などで飲まれていることを報道される度に、不思議な気がしていた。 原点に戻って考えれば、ブランデーも蒸留酒なのだから、蒸…

    2014-03-25_144117
  • 糖尿病治療は医師が主役じゃない!あなたが主役です。

    不思議なもので、甘いものをたくさん食べたから、糖尿病や他の病気になると証明した人は、まだ世界で一人もいないのです。 砂糖は体に良くない、糖尿病患者なくても塩分は控えめに1日10g以下なんて厚労省が推奨しているらしいですが、ハッキリ言いますが、国の発表など…

    da1
  • 糖尿病と断食 糖尿病をおさらいすると断食が有効なのがわかる?

    糖尿病とは、血液中のブドウ糖の濃度(グルコース濃度)が一定以上の高さになってしまう状態です。 インスリン作用不足による慢性の高血糖状態を主徴とする代謝疾患群と定義されています。 一般的に、空腹時血糖値はおおよそ80-100mg/dl程度であり、 食後は若干高い値を示すの…

    da12
  • 糖尿病は薬だけでは治らない

    薬には、主に五つの種類があります。①すい臓を刺激して、インスリンの分泌量を増やす薬(SU剤・スルフォニル尿素薬と呼ばれます)しばらくは効果がありますが、原因が感受性の不良にある場合、すい臓をさらに働かせることだけでは、解決になりません。むしろ、すい臓の疲労を早めるとも考えられ…

    01histry
  • 糖尿病の無料レポート

    糖尿病を知る上で、無料レポートというある意味、非常に役に立つものがあります。 医者の立場からだけではなく、患者の実際の生の声を聞くのも効果があるのではないでしょうか? 以下の無料レポートは全て無料で購読できます。 宜しければ、ご覧下さい。 ●『新しいプ…

    reiko_itsuki_dpb1980sum06
  • 糖尿病患者 森永卓郎さんのケース

    糖尿病を放置すると結果的に本当に苦労します。 その代表たるケースが、経済アナリスト、森永卓郎さんのケースです。 健康診断で「糖尿病の疑いがある」と指摘されても「体調が良いから大丈夫」と放置したままの人もいるのではないだろうか。 糖尿病が怖いのは、高血糖が…

    image002
  • 脳の糖尿病 アルツハイマー病は「3型糖尿病」

    本日の記事は、脳の糖尿病ではないか?と言われている、アルツハイマー型糖尿病についてです。  以下は転載記事です。 中部大応用生物学部の津田孝範准教授(食品機能学)らの研究によって、クルクミンにはインスリンの分泌を促進させるホルモン(GLP-1)の分泌を促してインスリン濃度…

    alts
  • 糖尿病患者の場合、風邪でも甘くは考えません。

    糖尿病患者は糖尿病だけでも大変なのに、その他に病気が加わると更に血糖値があがります。 しかも、普通の方ならすぐに治るような病気であっても決して油断は出来ません。 普通の方でも病気になると血糖値が上昇します。 これが糖尿病の患者の場合なら尚更大変になるんです。 それは…

    kaze
  • 糖尿病と診断される時

    糖尿病かどうかは高血糖が慢性的に続いているかどうかを確認して判断します、 血糖値は食事などの影響で大きく変化しますので、以前は血糖検査を繰り返し行って糖尿病と判断していました。 しかし、最近ではHbA1cという血糖状態を過去にさかのぼっって調べられる検査を組み合わせること…

  • 糖尿病はコントロールする病気です。

    糖尿病による高血糖状態は、医師の指導を受けて、キチンとした治療を守れば確実に良くなることが可能です。 しかし、インスリンの作用が不足している状態は、加齢や長年の生活習慣の結果として起きたものですから、多くの場合、なかなか元に戻すことは出来ません。 つまり、治療によって…

  • インスリンの作用が不足

    糖尿病はインスリンの不足が原因で血糖値が上がります。 インスリンは膵臓で作り出されるホルモンで細胞が血液中からブトウ糖を取り込んでエネルギーとして利用するのを助ける働きをしています、 インスリンの作用が不足するとブドウ糖を利用できなくなり血液中のブドウ糖濃度、血糖値が…

  • 糖尿病の誘因

    糖尿病は加齢の他に日常の生活習慣が誘因となって発病する生活習慣病といわれています。 そして糖尿病の患者数は年々増加しておりその理由としては現代社会のそのものが糖尿病を増やす原因、すなわち、生活習慣病の乱れを引き起こす構造になっているのが原因と言えるでしょう。 昔と違っ…

  • 糖尿病の三大合併症

    ●糖尿病の3大合併症 糖尿病網膜症、糖尿病神経障害、糖尿病腎症を3大合併症と呼ぶ。 糖尿病に特有の合併症で、血糖コントロールをしないでいると、糖尿病発症時から10~15年でこれらの合併症が出てくるといわれる。 糖尿病網膜症 糖尿病網膜症になると、目の底にある網膜の血管が…

  • 糖尿病の種類

    ■糖尿病の種類 糖尿病は4つのタイプに分けられます。 ●1型糖尿病 膵臓がインスリンをほとんど、あるいは全く作らないために体の中のインスリンの量が絶対的に足りなくなって起こる糖尿病。 ●2型糖尿病 インスリンの量が不十分で起こる糖尿病と、肝臓や筋肉などの細胞…

スポンサードリンク

糖尿病 初期症状 糖尿病 レシピ 糖尿病 診断基準 糖尿病学会 糖尿病 合併症 妊娠糖尿病 糖尿病 おやつ 糖尿病 原因 糖尿病療養指導士 一型糖尿病 糖尿病とは 糖尿病性腎症 糖尿病 症状 糖尿病 コーヒー 糖尿病患者メニュー 糖尿病学の進歩 2型糖尿病 糖尿病ネットワーク 糖尿病の食事 糖尿病性ケトアシドーシス 糖尿病 低血糖
ページ上部へ戻る