記事の詳細

スポンサードリンク


インスリンを打ち忘れた時の対処方法

インスリンを打ち忘れた時の対処方法は、量を打ちすぎないことです。

経口剤に比べて、インスリンは効き目が早く、時間単位で効いてくるからです。

インスリン注射の打ち忘れに気付いた時には、先ず、血糖値を測り、その状態にあった量を注射することが原則です。

万が一に備えて、インスリン注射を打ち忘れた時の対処法は主治医に相談してある程度の目安を決めておきましょう。

 

 

薬(経口剤)を飲み忘れた時の対処法

経口剤を飲みはじめた時に、よくあるのが薬の飲み忘れです。

 

糖尿病患者にとって、糖尿病と向き合うには、規則正しい生活をし、薬を決められた時期に飲むのが医師目線からは、よいのはいうまでも有りません。

 

1回位飲み忘れたとしても、一気に合併症が進むことは、まずありえません。

SU剤などの朝夕に1回、または、2回飲むクスリの場合は、

1~2時間程度の遅れならば、普段の量をそのまま服用します。

数時間以上の遅れなら、半分に減らして服用します。

忘れたからといって、まとめて服用する事は、低血糖の原因となります。

食後過血糖改善薬(セイブルなど)のように、食前に飲む薬の場合、

食後に飲んでも、あまり意味が見出せませんので、次からは忘れないで飲むようにするしか有りません。

ただし、セイブルだけは、食事中に飲んでも効果は期待できるとのことです。

 

 

関連記事

スポンサードリンク

糖尿病 初期症状 糖尿病 レシピ 糖尿病 診断基準 糖尿病学会 糖尿病 合併症 妊娠糖尿病 糖尿病 おやつ 糖尿病 原因 糖尿病療養指導士 一型糖尿病 糖尿病とは 糖尿病性腎症 糖尿病 症状 糖尿病 コーヒー 糖尿病患者メニュー 糖尿病学の進歩 2型糖尿病 糖尿病ネットワーク 糖尿病の食事 糖尿病性ケトアシドーシス 糖尿病 低血糖
ページ上部へ戻る