記事の詳細

スポンサードリンク


糖尿病と運動の関係

天気の悪い時の糖尿病に有効な運動

総合的に、全身運動である、水泳、すなわち、、プールで泳ぐというのが、糖尿病に対して、一番有効な運動だと云われています。

しかし、プール、水泳が出来る施設はなかなか見当たりませんね。

雨の日に傘をさして歩くのも方法ですが、特に高齢者などには、散歩中の交通事故などの心配もあります。

梅雨時や、雪が降る地方では、室内で簡単にできる、運動がいいでしょうね。

特に自転車漕ぎのエルゴメーターは最近は安くて静かなものが出回っています。

雪の多い地方の場合、マウンテンスキーで雪上を歩くなんていうのも糖尿病を抱える患者にとっては、良い運動方法ではないでしょうか?

運動療法が出来ない場合

運動療法に制限がかかるのは、糖尿病合併症があって、しかも、進行している場合です。

軽い合併症があっても、歩行など中程度の強さの運動であれば、まず、問題は有りませんが、走る泳ぐといった強い運動はかえって病状を悪化させます。

糖尿病性腎症、糖尿病性増殖網膜症、糖尿病による狭心症、眼底出血、下肢の動脈硬化による動脈の閉塞などがある場合は運動を禁止するか、制限がかかります。

糖尿病による、合併症の程度・進行具合、年齢などの違いもあるので、その糖尿病患者の状態に応じた運動を主治医に処方してもらい、処方された範囲内での運動をします。

 

 

 

関連記事

スポンサードリンク

糖尿病 初期症状 糖尿病 レシピ 糖尿病 診断基準 糖尿病学会 糖尿病 合併症 妊娠糖尿病 糖尿病 おやつ 糖尿病 原因 糖尿病療養指導士 一型糖尿病 糖尿病とは 糖尿病性腎症 糖尿病 症状 糖尿病 コーヒー 糖尿病患者メニュー 糖尿病学の進歩 2型糖尿病 糖尿病ネットワーク 糖尿病の食事 糖尿病性ケトアシドーシス 糖尿病 低血糖
ページ上部へ戻る