記事の詳細

スポンサードリンク


 

糖尿病患者であれば、補食という言葉を一度は耳にしたことはあるだろう・。

糖尿病の補食とは、普段の生活において活動量が増えた時などに、
低血糖を防ぐためにとる一時的な食事補給をさします。

登山や水泳など、強い運動を行う際や、長時間運動する時、体育の授業時などに、とるものです。

補食をとらない場合、

薬を減らして調整する方法もあります。

しかし、薬を減らす調整方法は、

計算が簡単ではなく、インスリンを減らしすぎる危険性もあり、困難です。

インスリンはぶどう糖の代謝だけでなく、成長期には身体の成長などの代謝にも必要になりますので、

このような時期に、運動のためにインスリンを極端に減らすことは避けるべきなのです。

特に、低血糖を起こしやすい厳格な薬物療法の場合には、補食の上手な活用が欠かせません。

関連記事

スポンサードリンク

糖尿病 初期症状 糖尿病 レシピ 糖尿病 診断基準 糖尿病学会 糖尿病 合併症 妊娠糖尿病 糖尿病 おやつ 糖尿病 原因 糖尿病療養指導士 一型糖尿病 糖尿病とは 糖尿病性腎症 糖尿病 症状 糖尿病 コーヒー 糖尿病患者メニュー 糖尿病学の進歩 2型糖尿病 糖尿病ネットワーク 糖尿病の食事 糖尿病性ケトアシドーシス 糖尿病 低血糖
ページ上部へ戻る