記事の詳細

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」でヒロインの祖父を演じるなど、

名脇役として多数の作品に出演した俳優、蟹江敬三(かにえ・けいぞう、本名同じ)さんが

3月30日午前8時27分、胃がんのため東京・新宿区の病院で死去していたことが4日、分かった。

69歳だった。

今年1月から入退院を繰り返していたという。


多彩な役を演じ分けてきた名バイプレーヤーが突然、この世を去った。


蟹江敬三さんといえば、『ガイアの夜明け』のナレーションが強く印象に残っていたのですが、


今年から、ナレーションを聞かなくなったと思っていた矢先の訃報でした。



蟹江さんの演技は舞台で見たかったという名残惜しさがありますね。

悪人役を演じれば、本物の悪人になりきれるし、善人を演じてもそのままの善人になりきる。


例え、昨日悪人役でお目にかかったとしても、今日、善人役を演じれば、
悪人役の記憶はスッカリと消えている。

蟹江さんほどの名俳優はなかなかお目にかかれませんから、ただ、ただ、残念で仕方ないおもいです。

ご冥福をお祈りします。合掌


関連記事

スポンサードリンク

糖尿病 初期症状 糖尿病 レシピ 糖尿病 診断基準 糖尿病学会 糖尿病 合併症 妊娠糖尿病 糖尿病 おやつ 糖尿病 原因 糖尿病療養指導士 一型糖尿病 糖尿病とは 糖尿病性腎症 糖尿病 症状 糖尿病 コーヒー 糖尿病患者メニュー 糖尿病学の進歩 2型糖尿病 糖尿病ネットワーク 糖尿病の食事 糖尿病性ケトアシドーシス 糖尿病 低血糖
ページ上部へ戻る