記事の詳細

スポンサードリンク


糖尿病患者には、甘いというイメージがある、ブランデーはさすがにマズイだろうと考えていたが、糖尿病を患っている、みのもんた氏が毎晩、銀座や鎌倉などで飲まれていることを報道される度に、不思議な気がしていた。

 

原点に戻って考えれば、ブランデーも蒸留酒なのだから、蒸留過程で糖質はゼロになっているんですけど、甘いという感覚で、忘れてしまっていた。

結果、焼酎、ウィスキー、ブランデー、ウオッカ、ジンなどの蒸留酒は糖質ゼロということです。

 

そこで勘違いもあって、芋焼酎もアウト!って思いがちですが、これも糖質はゼロ…

 

糖尿人は蒸留酒を適度に飲んでいるには全く問題はないようです。

 

しかし、これがビールと日本酒という醸造酒であれば話が違ってきます。

糖質ゼロと謳っていないビールや日本酒は糖尿人には毒です。

最近では糖質ゼロの商品も多く出回っているので、そのような商品を求めて飲酒すれば問題はないとおもいます。

関連記事

スポンサードリンク

糖尿病 初期症状 糖尿病 レシピ 糖尿病 診断基準 糖尿病学会 糖尿病 合併症 妊娠糖尿病 糖尿病 おやつ 糖尿病 原因 糖尿病療養指導士 一型糖尿病 糖尿病とは 糖尿病性腎症 糖尿病 症状 糖尿病 コーヒー 糖尿病患者メニュー 糖尿病学の進歩 2型糖尿病 糖尿病ネットワーク 糖尿病の食事 糖尿病性ケトアシドーシス 糖尿病 低血糖
ページ上部へ戻る