記事の詳細

スポンサードリンク


47

 

不思議なもので、甘いものをたくさん食べたから、糖尿病や他の病気になる
と証明した人は、まだ世界で一人もいないのです。

砂糖は体に良くない、糖尿病患者なくても塩分は控えめに1日10g以下なんて厚労省が推奨しているらしいですが、ハッキリ言いますが、国の発表などは信じるに足りません。

責任は厚労省なんてとってくれませんよ。

前身は旧内務省ですからね…

今はなくなった知り合いの事務次官も内務省次官から国会に出た人でしたが、なんとなく、雰囲気でわかります。

医者も同じ…

自分が糖尿病でもないのに、いかにも知ったようなことを説明しますが、糖尿病に関しては本人が一番、理解できていると思います。

だって、自分の身体なんですからね。

巷では糖質制限と糖質制限よりはバランスが良い食事が大切だ!っていう医者がいますが、これもどっちもどっちです。

自分で試されて、調子がいい、自分に合うと考える治療法や食事法を採用することのほうが重要です。

 

そういうこと、つまり、患者にとっては当たり前のことを考えて続けていると、医者は気分が悪くなるらしく、トラブルになる可能性も高くなります。

 

栄養学とかウンチクを言うのはかまいませんが、人には体質というものがあるんです。

誰であっても、60億分の1なんですよね。

 

私自身は、周りから肉中心の偏食と云われ続け、食生活を変えて数年経って、体調不良を起こしています。

今は、将来的に、完全にグラスフェッド、肉中心の食生活に完全に戻そうと考えています。

 

結局は、自分の身体なんですよ。

そこを勘違いしないで、しっかりと自分と向き合い、わからない点は医師と相談して解決する。

そういう医療がベストだと私はおもいますけどね…それだけの器量がある専門医は少ないようですが…

 

砂糖や塩、また、たまに食べるケーキやお饅頭、
せっかく頂くなら、楽しく美味しく食べましょう。

 

身体に悪いなんて考えながら食べるなら、やめたほうがいいことは間違い有りません。

自分の好きなモノを食べる時は、身体にいいと信じて食べることが大切だと思いますよ。

 

 

こちらのレポートも役立ちますよ♪無料です。
毎朝7分。●●するだけで私は健康になりました!(新着)

1日に食べられる食事の「残高」教えます(新着)

関連記事

スポンサードリンク

糖尿病 初期症状 糖尿病 レシピ 糖尿病 診断基準 糖尿病学会 糖尿病 合併症 妊娠糖尿病 糖尿病 おやつ 糖尿病 原因 糖尿病療養指導士 一型糖尿病 糖尿病とは 糖尿病性腎症 糖尿病 症状 糖尿病 コーヒー 糖尿病患者メニュー 糖尿病学の進歩 2型糖尿病 糖尿病ネットワーク 糖尿病の食事 糖尿病性ケトアシドーシス 糖尿病 低血糖
ページ上部へ戻る