記事の詳細

スポンサードリンク


糖尿病治療にはフットケアが大事…

糖尿病専門医が多くいる病院であっても、
フットケアを真剣に取り組んでいる。治療を行っている病院は少ない。

私などは足の指の爪が変形して、くいこんでしまったため、チョット歩くだけでも痛みがはしる。

それを人工の付け爪などの処置を繰り返し行なって頂いたおかげで、みるみる回復した。

それで1年近くは掛かったが…

足のナースクリニック 代表 で、日本フットケア学会 副理事長を務める、皮膚・排泄ケア認定看護師の西田壽代先生が以下のように言っている。

糖尿病患者の中で、足にえぐれたような傷が出来たり(潰瘍)、
足が黒く変色して悪臭がしたり(壊疽)する糖尿病足病変という足の病気にかかる人が増えています。

糖尿病足病変の増加の背景には、神経障害、血流障害(動脈硬化により血液の流れが悪くなったりする)というような合併症を持った人が増加していることなどがあげられます。

靴に覆われた足は、靴ずれや胼胝(たこ)、水虫などのトラブルを起こしてしまいがちです。

日常変化で足に気を使うことはあまり多くありませんが、糖尿病があると足の手入れと早期発見と早期対処が非常に重要になります。

生きる上で大切な足を守るためにも、フットケアについてよく知っておきましょう。

血糖値のコントロールがうまくできず、糖尿病を悪化させることで合併症が起こり、障害が進むと、足に潰瘍や壊疽(えそ)が起こります。

このような糖尿病を原因とする足病変を治療し、予防する医療的な「フットケア」が注目されています。

病気治療の分野で、フットケアの位置づけはまだ決して高いものではありませんが、足は末端にあるからこそ、体の異変を比較的早く知ることができる大切な場所です。

足は 「第二の心臓」と言われています。糖尿病による足切断は、体の血液循環にも影響を及ぼします。
そのため、動脈硬化や神経障害とともに、足切断は生命の予後に大きくかかわる危険性をはらんでいます。

足から見た糖尿病治療はとても大切なものなのです。
糖尿病とフットケアについてよく知ることで、足切断のリスクを少なくすることができるのです

以上のようにおしゃっています。


reiko1980sum03

女性には特に大事ですね。



糖尿病の患者は、その病状が進むにつれ、

外科的治療を行う際にも簡単にはいきません。

極端な話、

歯を一本抜くのも、歯科医が、患者の糖尿病のかかりつけ医へ診療情報を求めることになり、その日に抜歯ということにはなりません。(私の経験上ですが…)歯科治療中もモニターをつけられて治療されますからね。

全身のあらゆる部分に障害を引き起こす糖尿病ですが、フットケアに真剣に取り組んでいる病院なのか?

フットケアに積極的に取り組んでいる病院こそ、大切なことなので、十分注意して病院を決めるべきであり、大変、重要な事です。

糖尿病内科がある病院によっては、フットケアをやります!なんて院内に告知してあっても、結果的に、なかなか応じてもらえない病院が本当に多いですね。

そういう病院は先々の治療に対しても結果的に疎かにされる心配があるので、早めに信頼できる病院をおさがしになることをおすすめします。

 

全国の糖尿病内科はこちらかさがせますよ~w

 

糖尿病で無い方には、ネイルサロン・フットジェルならこいつ(失礼 m(__)m)は信頼できるので、横浜 関内すぐそばのFACE&FACE(フェイスアンドフェイス )がおすすめしますよw

 

関連記事

スポンサードリンク

糖尿病 初期症状 糖尿病 レシピ 糖尿病 診断基準 糖尿病学会 糖尿病 合併症 妊娠糖尿病 糖尿病 おやつ 糖尿病 原因 糖尿病療養指導士 一型糖尿病 糖尿病とは 糖尿病性腎症 糖尿病 症状 糖尿病 コーヒー 糖尿病患者メニュー 糖尿病学の進歩 2型糖尿病 糖尿病ネットワーク 糖尿病の食事 糖尿病性ケトアシドーシス 糖尿病 低血糖
ページ上部へ戻る