記事の詳細

スポンサードリンク


糖尿病で合併症を抱えると、
歯科にいって抜歯をする際にも十分注意が必要だそうです。

ch1

 

私の場合は、歯科医師からかかりつけの糖尿病専門医紹介状?を渡されて、その返信がくるまで抜歯は行われませんでした。
糖尿病患者で合併症が進行すると、歯周病にも掛かりますし、大切な歯をも糖尿病で危機にさらされます。

糖尿病が及ぼす歯周病への影響―糖尿病の人は、歯周病になりやすい。

厚生労働省のHPに記載されていますが、

糖尿病により、からだを守るマクロファージの機能低下、
結合組織コラーゲン代謝異常、
血管壁の変化や脆弱化(細小血管障害)、
創傷治癒の遅延など起こり、歯周病の発症・進行に影響を与えます。
その結果、糖尿病があると、歯周病関連細菌により感染しやすくなり、
炎症により歯周組織が急激に破壊され、歯周炎が重症化していきます。

最近は、慢性炎症としての歯周炎に対する適切な治療により、
糖尿病のコントロール状態をあらわず糖化ヘモグロビン(HbA1C)の改善がみられることが明らかになってきたそうです。

糖尿人には血糖値のコントロールがやはり当然、大切なのですね。

歯周病対策と白い歯を維持するためには…

関連記事

スポンサードリンク

糖尿病 初期症状 糖尿病 レシピ 糖尿病 診断基準 糖尿病学会 糖尿病 合併症 妊娠糖尿病 糖尿病 おやつ 糖尿病 原因 糖尿病療養指導士 一型糖尿病 糖尿病とは 糖尿病性腎症 糖尿病 症状 糖尿病 コーヒー 糖尿病患者メニュー 糖尿病学の進歩 2型糖尿病 糖尿病ネットワーク 糖尿病の食事 糖尿病性ケトアシドーシス 糖尿病 低血糖
ページ上部へ戻る