記事の詳細

スポンサードリンク


薬には、主に五つの種類があります。
①すい臓を刺激して、インスリンの分泌量を増やす薬(SU剤・スルフォニル尿素薬と呼ばれます)
しばらくは効果がありますが、原因が感受性の不良にある場合、すい臓をさらに働かせることだけでは、解決になりません。むしろ、すい臓の疲労を早めるとも考えられます。また、原因がインスリンレセプターの感受性低下である場合、もうひとつの問題も出てきます。血液中のインスリンは食欲を増進するように作用しますから、SU剤でインスリンが増えると食欲が増し、肥満増強などの副作用があるとされています。

②腸での糖質分解を阻害し、糖質が血液中に吸収されるのを抑える薬(食後過血糖改善剤・αグルコシダーゼ阻害剤)
必ず食前に服用します。副作用としては、腸内の糖質が分解不足となり、腹部膨慢感、おなら、便秘、下痢、嘔吐、肝臓障害も起こりうるとされています。

③肝臓に作用して、肝臓に蓄えられている糖分などの放出を抑える薬(ビグアナイド剤)
すい臓刺激のSU剤の効果が不充分の時に併用されることが多いとされています。高齢者や腎機能障害者、心機能障害を持っていると重大な副作用(乳酸アシドーシス)を引き起こす可能性があります。

④インスリン抵抗性改善薬
インスリンレセプターの感受性を薬で無理やり押し上げるのです。空腹時血中インスリン値の高い恩者に有効率が高いとされています。副作用としてとくに肝臓障害が指摘され、定期的な肝機能チェックが必要とされています。そのほか、吐き気、体重増加、心不全などの副作用もあるとされています。

⑤最近開発された薬で、即効型インスリン分泌促進剤
SU剤と同じようにすい臓に働きかけ、インスリンの分泌を促進する薬ですが、薬を飲むとすぐに作用が現われ、作用時間が短いという特徴があります。食事を始める直前、10分以内に服用するとされています。SU剤にくらべて、低血糖の副作用は少ないとされていますが、やはりすい臓に負担をかけることは間違いありません。新しい薬ですので、未知の副作用の心配もあります。

多くの場合、単独ではなく複合的に処方して用います。薬の服用が長期にわたると・・・副作用の危険性も増してきます。低血糖になる危険性は日常的に起こりえます。肝臓や腎臓などに障害が現われると、次にはそちらの治療も必要になります。現在、「軽い薬ですよ」などといわれて薬を処方されている人は、この五種類のうちのどの薬を処方されているのかを医師に聞くことは大事なことだと思われます。それにより、解決法も考えやすくなります。

しかし、なぜそのように、薬を使ってまで血糖値を下げるのかというと、糖尿病はそれ自体では死ぬことはありませんが、合併症が怖いのです。糖尿病の合併症には腎症、網膜症、動脈硬化症、高血圧症、神経症などさまざまあり、血糖値の高い状態が続くと血管にも障害が出て、やがて血管がボロボロになることから、心臓障害、心筋梗塞や脳梗塞など突然死のリスクも高まるのです。

血糖値が常に高いままでは危険なので、無理して薬で下げるのです。しかし、それでは根本的な解決にはなりません。薬で抑えていても、生活習憤を変えるなりして根本の原因を取り除かないと、すい臓の疲労は徐々に進行していきます。やがて薬が効かなくなり、つまりすい臓がほとんど働かなくなり、インスリン製造能力がかなり落ちたと考えられて、インスリン注射という処方がなされます。

・・・インスリン注射をひとたび始めたら、もう止めることはできないと考えられています。それは、外からインスリンを入れることで、すい臓は徐々に、やがて完全にインスリンの製造を止めてしまうからです。

このように、糖尿病はいったん発症すると時間の差はあれ、決して元に戻ることはおろか治ることのない、一方通行で完治の望みのない不治の病といわれています。でも、本当にそうなのでしょうか?

関連記事

スポンサードリンク

糖尿病 初期症状 糖尿病 レシピ 糖尿病 診断基準 糖尿病学会 糖尿病 合併症 妊娠糖尿病 糖尿病 おやつ 糖尿病 原因 糖尿病療養指導士 一型糖尿病 糖尿病とは 糖尿病性腎症 糖尿病 症状 糖尿病 コーヒー 糖尿病患者メニュー 糖尿病学の進歩 2型糖尿病 糖尿病ネットワーク 糖尿病の食事 糖尿病性ケトアシドーシス 糖尿病 低血糖
ページ上部へ戻る