記事の詳細

スポンサードリンク


現代社会では、ストレスを受け付けない人はいません。

糖尿病が受容できていても、糖尿病以外によるストレスは避けられません。

大切なことは、ストレスを自覚して、ストレスを発散させることです。

辛いと感じていたり、心配事があるときは、なるべく時間を取って他の人と話などをするようにしましょう。相手は、同じような境遇の方、糖尿病という同じ病を抱えている方、家族、友人、職場の同僚、看護師、医師などだれでも構いません。

内容がストレスに関係することではなく、話すことが直接問題の解決につながらないとしても、きっと気持ちが楽になります。

また、趣味やスポーツなどをおこなうことにより、日常生活に変化をつけるもの良い行動です。

自分の好きなこと、充実感がえられやすいものを選ぶことが大切です。

無理せずに手軽なところからはじめることをおすすめします。

関連記事

スポンサードリンク

糖尿病 初期症状 糖尿病 レシピ 糖尿病 診断基準 糖尿病学会 糖尿病 合併症 妊娠糖尿病 糖尿病 おやつ 糖尿病 原因 糖尿病療養指導士 一型糖尿病 糖尿病とは 糖尿病性腎症 糖尿病 症状 糖尿病 コーヒー 糖尿病患者メニュー 糖尿病学の進歩 2型糖尿病 糖尿病ネットワーク 糖尿病の食事 糖尿病性ケトアシドーシス 糖尿病 低血糖
ページ上部へ戻る