記事の詳細

スポンサードリンク


肥満糖尿病の治療の最大の目的は、細胞を持っているインスリンの感受性(効き目)を回復させ、正常な血糖状態を取り戻すことです。

それにはまず、体重を減らすことが先決です。

日本人の場合は、3キロ減らすだけでインスリンの感受性や血糖コントロールが目に見えて改善していきます。

食事療法と運動療法の二つの療法が基本です。

原料は食事療法と運動療法の組み合せで行う方法が無理が少なく効果的と言われています。

食事療法では摂取エネルギーを制限し、運動療法で代謝を改善して太りにくい体質に変えていきます。

減量しても血糖コントロールが改善しにくかったり、減量ができない状態にあるときに限っては補助的にSU薬やインスリン注射などの薬物療法を行います。

しかし、肥満糖尿病の場合は、多くの患者さんは発病初期は食事コントロールと運動による減量だけで血糖コントロールが可能です。

減量による、治療効果例

  • インスリンの感受性が回復します。
  • インスリンの分泌量が適正になります。
  • 血糖コントロールが改善します。
  • 血中脂肪異常が正常化します。

尚、減量は目標によって短期と長期に分けたプラン、2段階プランの方が失敗は少ないです。

まずは、短期プランで大きく減量して、次に、長期プランで確実にゆっくり、じっくりと減量していきます。

肥満糖尿病短期減量プラン

まず、1日でも早く血糖値を正常化するために食事療法を主体にした方法で2~3カ月かけて3キロから5キロの減量をします。

肥満糖尿病長期減量プラン

短期プランで確実に減量に成功したなら、今度は1ヶ月で1キロを目安に減量していくプランです。

減量の最終目的は、BMI24以内程度に落ち着くことです。

目標達成後は、適正体重の維持と、良好な血糖値の維持に努めましょう。

 

肥満糖尿病治療うまくいかない場合は?

主治医に相談してこんな方法で乗り切りましょう!

超低カロリー食

インスリンの感受性や分泌量改善を一気に図りたい場合は、1日600キロカロリー以下の低カロリー食を短期的に行う方法もあります。

行動修正療法

太る人、要するに肥満になる人は食べ方に問題がある場合が多く、食事日記などをつけて減量の妨げになる原因を見つけて生活行動を修正します。

教育入院

自分ではうまく生活改善が出来ない場合、この教育入院も有効な方法のひとつです。

SU薬以外による肥満糖尿病治療

αグルコシダ―ゼ阻害薬:
炭水化物に吸収を遅らせて食後の急激な血糖の上昇を防ぐ薬物(セイブルなど)減量しても血糖コントロールが安定しない場合に有効です。

速攻型インスリン分泌促進薬
服用後、すぐにインスリン分泌を刺激して短時間での分泌促進がなくなる薬物。
食後の急な血糖上昇を抑える場合に有効です。

インスリン抵抗性改善薬
血液中にあるインスリンの血糖降下能を高めるための薬物
インスリン分泌が量的に十分ある場合に有効です。

DPP-4阻害薬
GLP-1類似薬
血糖値が高い時だけにインスリンの分泌を増や薬物。すい臓にあるインスリンを作る細胞を保護する働きもあります。

以上の薬物療法は主治医が処方します。

 

スポンサードリンク

糖尿病 初期症状 糖尿病 レシピ 糖尿病 診断基準 糖尿病学会 糖尿病 合併症 妊娠糖尿病 糖尿病 おやつ 糖尿病 原因 糖尿病療養指導士 一型糖尿病 糖尿病とは 糖尿病性腎症 糖尿病 症状 糖尿病 コーヒー 糖尿病患者メニュー 糖尿病学の進歩 2型糖尿病 糖尿病ネットワーク 糖尿病の食事 糖尿病性ケトアシドーシス 糖尿病 低血糖
ページ上部へ戻る