記事の詳細

スポンサードリンク


高尿酸血症も合併症が怖い病気です。 糖尿病は血液中のブドウ糖濃度『血糖値』が高い状態が続く病気ですが、痛風、高尿酸血症は血液中の尿酸という物質の濃度『尿酸値』が高い状態が続くのが特長です。 尿酸値が高い状態が、『高尿酸血症』と言います。 自覚症状は全くありませんが、治療せずにいると、痛風発作がおきたり、様々な合併症が発症・進行します。 高尿酸血症は糖尿病と同じで、放置していた場合の合併症が怖い病気だという事です。 主な合併症に、腎臓障害、尿路結石、動脈硬化などのがあります。糖尿病との関係では、特に動脈硬化が問題となります。動脈硬化は、心臓病や脳血管障害などを起こして生命に危険を及ぼしたり、身体に障害を及ぼす原因となる恐ろしい病気です。 糖尿病も動脈硬化の大きな危険因子ですので、尿酸値と血糖値が高い人は、十分な注意が必要です。

関連記事

スポンサードリンク

糖尿病 初期症状 糖尿病 レシピ 糖尿病 診断基準 糖尿病学会 糖尿病 合併症 妊娠糖尿病 糖尿病 おやつ 糖尿病 原因 糖尿病療養指導士 一型糖尿病 糖尿病とは 糖尿病性腎症 糖尿病 症状 糖尿病 コーヒー 糖尿病患者メニュー 糖尿病学の進歩 2型糖尿病 糖尿病ネットワーク 糖尿病の食事 糖尿病性ケトアシドーシス 糖尿病 低血糖
ページ上部へ戻る