記事の詳細

スポンサードリンク


糖尿病で入院する多くの場合、糖尿病教育入院がはじめての入院になることが多いのかもしれません。

糖尿病教育 入院は、約、二週間、自宅で療養治療する・社会生活に復帰して糖尿病と向き合うための知識や理解を深めることが目的です。

この教育入院を疎かにすると、後々困ることになります。

とは言っても、私自身の経験から言っていることですが…

 

この教育入院で、今後の担当医やチームが決まります。

チームというのは糖尿病は内科だけの病気ではありません。

糖尿病が原因とする眼科疾患、糖尿病性網膜症や、皮膚科も関係してきます。

 

私の経験では腎臓内科、循環器内科や脳神経外科なども関係してくるんです。

私の場合は合併症が多くてかかる診療科が多いのです。

 

境界型糖尿病で比較的軽度な糖尿病疾患を抱える方は、内服薬やインスリン注射への理解を深める程度でいいのかもしれませんが、将来的に知識として知っておくことで怖い糖尿病合併症を未然に回避できることが容易になります。

また、この時期、一番大切なのは、糖尿病担当医師との相性でしょう。

糖尿病は長い治療療養期間がかかります。

 

相性が良くない医師との交流は、糖尿病に一番悪い、ストレスを溜め込んでしまうので、その辺を十二分に考慮するべきでしょう。

 

このことから糖尿病教育入院での入院期間中の過ごし方は本当に貴重で重要な時間です。

 

関連記事

スポンサードリンク

糖尿病 初期症状 糖尿病 レシピ 糖尿病 診断基準 糖尿病学会 糖尿病 合併症 妊娠糖尿病 糖尿病 おやつ 糖尿病 原因 糖尿病療養指導士 一型糖尿病 糖尿病とは 糖尿病性腎症 糖尿病 症状 糖尿病 コーヒー 糖尿病患者メニュー 糖尿病学の進歩 2型糖尿病 糖尿病ネットワーク 糖尿病の食事 糖尿病性ケトアシドーシス 糖尿病 低血糖
ページ上部へ戻る