記事の詳細

スポンサードリンク

インスリン療法は糖尿病のタイプや病状によって、治療手段の内容が異なります。

膵臓から出るインスリン分泌は24時間、ほぼ一定量がで続けている基礎分泌、食事などの血糖値の上昇に対応してタイミング良く出続ける追加分泌に分けられます。

1型糖尿病では基礎分泌も追加分泌もほとんどなくなっていますが、2型糖尿病患者の場合はインスリン分泌自体、比較的保たれている事が多いのです。

しかし、分泌量が少なかったり、分泌のタイミングが遅いため高血糖になるのです。

2型糖尿病のインスリンによる治療は、この残っているインスリン分泌力を効率よく活用し長持ちさせ、より良い血糖コントロールを保ち続ける事が目標となります。

関連記事

スポンサードリンク

糖尿病 初期症状 糖尿病 レシピ 糖尿病 診断基準 糖尿病学会 糖尿病 合併症 妊娠糖尿病 糖尿病 おやつ 糖尿病 原因 糖尿病療養指導士 一型糖尿病 糖尿病とは 糖尿病性腎症 糖尿病 症状 糖尿病 コーヒー 糖尿病患者メニュー 糖尿病学の進歩 2型糖尿病 糖尿病ネットワーク 糖尿病の食事 糖尿病性ケトアシドーシス 糖尿病 低血糖
ページ上部へ戻る