記事の詳細

スポンサードリンク

インスリン療法が必要という事は、病状がだいぶ悪いとという事?と思いがちですが、糖尿病は合併症が怖い病気です。

合併症の進行しやすさは血糖値コントロールんお良し悪しにも大きく左右されます。

仮にインスリン療法を行っていなくても血糖コントロールが不十分であれば、合併症の進行・発症をは抑えられません。

反対に、インスリン療法が必要という事と病状が軽症か重症かということとは直接関係がないことです。

一度、インスリン療法をはじめたら、一生やめられないという誤解が先行しているインスリン療法ですが、それは大きな間違いです。

血糖値が高いと、それ自体が更にインスリン分泌を低下させたり、筋肉や脂肪細胞でのインスリン分泌が悪くなると悪循環が起きます。

インスリン療法によってその状態を改善すると、高血糖改善の好循環がはじまって、インスリン療法が不要になることがすくなくありません。

インスリンを注射すると膵臓のインスリン分泌低下が早まる?

この勘違いは全くの逆です!
インスリン療法を開始し、血糖値をよくしておくことで、結果的に膵臓を休めさせる事になり、インスリン分泌力が回復する事がよくあります。

例えば、飲み薬が効かなくなってインスリン療法に切り替えた時など、しばらくたって再び飲み薬による治療に戻すことも少なくありません。

関連記事

スポンサードリンク

糖尿病 初期症状 糖尿病 レシピ 糖尿病 診断基準 糖尿病学会 糖尿病 合併症 妊娠糖尿病 糖尿病 おやつ 糖尿病 原因 糖尿病療養指導士 一型糖尿病 糖尿病とは 糖尿病性腎症 糖尿病 症状 糖尿病 コーヒー 糖尿病患者メニュー 糖尿病学の進歩 2型糖尿病 糖尿病ネットワーク 糖尿病の食事 糖尿病性ケトアシドーシス 糖尿病 低血糖
ページ上部へ戻る