記事の詳細

スポンサードリンク

糖尿病かどうかは高血糖が慢性的に続いているかどうかを確認して判断します、
血糖値は食事などの影響で大きく変化しますので、以前は血糖検査を繰り返し行って糖尿病と判断していました。

しかし、最近ではHbA1cという血糖状態を過去にさかのぼっって調べられる検査を組み合わせることによって1回の検査で診断できるように改められました。

具体的には、採血検査で随時血糖値が、200mg以上、空腹時血糖値が、126mg以上、75gブトウ糖負荷試験で2時間値が200mg以上、HbA1cが6・1%以上といういずれかに核当した場合その時点の血糖レベルを糖尿病型と判定します。

そして、血糖値とHbA1cのいずれもが糖尿病型であれば、糖尿病だと診断され確定します。

75gブドウ糖負荷試験とは?

75gのブドウ糖を飲み、時間を追いながら血糖値を調べる検査です。
血糖値の変動から糖尿病型なのか?正常型なのか、あるいは境界型なのかを判断します。

境界型の方は今は大丈夫でも糖尿病を発病する可能性が非常に高く、また、糖尿病の患者と同じくらい、動脈硬化が進みやすいので、食事や運動に気をつけなければなりません。


関連記事

スポンサードリンク

糖尿病 初期症状 糖尿病 レシピ 糖尿病 診断基準 糖尿病学会 糖尿病 合併症 妊娠糖尿病 糖尿病 おやつ 糖尿病 原因 糖尿病療養指導士 一型糖尿病 糖尿病とは 糖尿病性腎症 糖尿病 症状 糖尿病 コーヒー 糖尿病患者メニュー 糖尿病学の進歩 2型糖尿病 糖尿病ネットワーク 糖尿病の食事 糖尿病性ケトアシドーシス 糖尿病 低血糖
ページ上部へ戻る