記事の詳細

スポンサードリンク

糖尿病はインスリンという膵臓から分泌され血糖値を調節するホルモンの作用が不足して高血糖になる病気です。

この状態に対して、インスリンを注射して補い血糖値をコントロールするのがインスリン療法です。

膵臓のインスリン分泌がほとんどなくなる1型糖尿病ではインスリン療法が治療の基本となり、生きるためにもそれは欠かせません。

一方、2型糖尿病患者の場合には、膵臓のインスリン分泌は多少は残っているので、インスリン療法をしなくても直ぐには命をおとす危険があるわけではありません。

しかし、食事療法や運動療法や飲み薬による治療では血糖値をコントロールするのができない場合で血糖値が高い場合はインスリン療法を行います。

2型糖尿病患者の場合でも、昨今はインスリンによる治療は珍しいことではありません。

日本国内でインスリン療法を行っている患者さんの総数は約70万人と云われています。

間違ってはいけないのが、インスリン療法は重症の糖尿病患者の方々のための最後の治療手段だと悲観的にとらえたり、煩わしいそうだと敬遠をしなにということです。

現在は治療が進歩し、痛くない注射針・器具が出回っておりますのでそのような考え方はあてはまらないと言えるでしょう。

関連記事

スポンサードリンク

糖尿病 初期症状 糖尿病 レシピ 糖尿病 診断基準 糖尿病学会 糖尿病 合併症 妊娠糖尿病 糖尿病 おやつ 糖尿病 原因 糖尿病療養指導士 一型糖尿病 糖尿病とは 糖尿病性腎症 糖尿病 症状 糖尿病 コーヒー 糖尿病患者メニュー 糖尿病学の進歩 2型糖尿病 糖尿病ネットワーク 糖尿病の食事 糖尿病性ケトアシドーシス 糖尿病 低血糖
ページ上部へ戻る