記事の詳細

スポンサードリンク


糖尿病患者さんの運動療法 ウォーミングアップ編

糖尿病治療の基本のひとつに運動療法があります。 運動療法は体内に取り入れたエネルギーで余ったエネルギーを消費することにより、血糖値は下がります。 また、インスリンの細胞レベルでの働きが高まり血糖コントロールがしやすくなります。 さらに血行がよくなる、ストレスが解消される、皮下脂肪が減る、骨格筋が増える、生活の活動度が上がる、高まるなど、多くの効果が得られます。 運動の種類は日常できるものであればどんな運動でも構いません。 出来るだけ全身を動かす運動が勧められます。 それまであまり運動を行っていなかった場合、次第に強い運動に移るようにしてください。 週末だけに集中して運動するといった方法よりも、出来るだけ毎日出来る運動を選びましょう。 それには歩くこと、ウォーキングが最も勧められます。

運動療法の効果

血糖をさげる効果

運動は糖尿病患者の最大の悩みである高血糖を低下させると同時に肥満の解消に大きな効果があります。 運動時のエネルギー源として脂肪[遊離脂肪酸]も使うので運動を定期的に続けると体重を減らすことができます。 また、血液中の中性脂肪、動脈硬化の原因になる悪玉コレステロールを減らし、代わって動脈硬化を予防する善玉コレステロールが増えてきます。 その他に、心臓や肺を強化する効果、血圧を下げる効果、足腰などの下肢の筋力を強くして老化を予防する効果、血液の循環をよくする効果などがあげられます。 しかし、これだけ効果が高い糖尿病患者の運動療法ですが、実は、反面、糖尿病患者が抱える合併症などがつきまとう場合は、逆効果になる場合もあるのです。 冒頭でご紹介した内容とは全く逆の効果、即ち、低血糖、高血糖を引き起こす原因にもなるのです。 人気の運動療法は、 速歩・散歩・体操・自転車・踏み台昇降・ジョギング・ゴルフ・縄跳び・水泳・ソフトボールが人気ベスト10にあげられています。

 

 

 

 

関連記事

スポンサードリンク

糖尿病 初期症状 糖尿病 レシピ 糖尿病 診断基準 糖尿病学会 糖尿病 合併症 妊娠糖尿病 糖尿病 おやつ 糖尿病 原因 糖尿病療養指導士 一型糖尿病 糖尿病とは 糖尿病性腎症 糖尿病 症状 糖尿病 コーヒー 糖尿病患者メニュー 糖尿病学の進歩 2型糖尿病 糖尿病ネットワーク 糖尿病の食事 糖尿病性ケトアシドーシス 糖尿病 低血糖
ページ上部へ戻る