記事の詳細

スポンサードリンク

糖尿病による高血糖状態は、医師の指導を受けて、キチンとした治療を守れば確実に良くなることが可能です。

しかし、インスリンの作用が不足している状態は、加齢や長年の生活習慣の結果として起きたものですから、多くの場合、なかなか元に戻すことは出来ません。

つまり、治療によって一時的に血糖値が下がっても治療を続け生活を正しくしていなければ、血糖値はすぐに高くなってしまいます。

血糖値を下げてできるだけ健康な人と同じ位に保とうとすることを、血統をコントロールするといいます。

糖尿病の人も血糖コントロールを続けていれば高血糖によって起こる、様々な病気を防ぐことが可能です。

よく言われる合併症です。

寿命も健康な方と変わりません。

しかし、血糖コントロールを守らないと合併症は知らず知らずのうちに進行します。

そして合併症は一度、発症してしまうと一般的には治療はむづかしく進行を抑える事が治療の主な目的となってしまいます。

気付いた時にはもう取り返しがつかない状態になっていたという患者は少なくありません。

一生油断は許されないという意味から糖尿病は治るとか治らないとかといった表現はあまり用いず、しっかりと治療していれば一生治った状態を保てる病気と表現することが多いようです。


 

関連記事

スポンサードリンク

糖尿病 初期症状 糖尿病 レシピ 糖尿病 診断基準 糖尿病学会 糖尿病 合併症 妊娠糖尿病 糖尿病 おやつ 糖尿病 原因 糖尿病療養指導士 一型糖尿病 糖尿病とは 糖尿病性腎症 糖尿病 症状 糖尿病 コーヒー 糖尿病患者メニュー 糖尿病学の進歩 2型糖尿病 糖尿病ネットワーク 糖尿病の食事 糖尿病性ケトアシドーシス 糖尿病 低血糖
ページ上部へ戻る