記事の詳細

スポンサードリンク

糖尿病はよく言われる糖が出ると云う病気とはちょと違います。

正確には、全身の血管がボロボロにになる病気と表現した方がより、理解し易い病気です。

糖尿病(とうにょうびょう、英: diabetes mellitus)は、血糖値(血液中のグルコース(ブドウ糖)濃度)が病的に高い状態をさす病名である。ひとことに血糖値が高いと言っても、無症状の状態から、著しいのどの渇き・大量の尿を排泄する状態、さらには意識障害、昏睡に至るまで様々であるが、これらをすべてまとめて、血糖値やヘモグロビンA1c値が一定の基準を超えている場合を糖尿病という。
糖尿病は高血糖そのものによる症状を起こすこともあるほか、長期にわたると血中の高濃度のグルコースがそのアルデヒド基の反応性の高さのため血管内皮のタンパク質と結合する糖化反応を起こし、体中の微小血管が徐々に破壊されていき、目、腎臓を含む体中の様々な臓器に重大な傷害(糖尿病性神経障害・糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症の微小血管障害)を及ぼす可能性があり、糖尿病治療の主な目的はそれら合併症を防ぐことにある。
 

関連記事

スポンサードリンク

糖尿病 初期症状 糖尿病 レシピ 糖尿病 診断基準 糖尿病学会 糖尿病 合併症 妊娠糖尿病 糖尿病 おやつ 糖尿病 原因 糖尿病療養指導士 一型糖尿病 糖尿病とは 糖尿病性腎症 糖尿病 症状 糖尿病 コーヒー 糖尿病患者メニュー 糖尿病学の進歩 2型糖尿病 糖尿病ネットワーク 糖尿病の食事 糖尿病性ケトアシドーシス 糖尿病 低血糖
ページ上部へ戻る