糖尿病の合併症


上のビデオはお分かりになられましたか?

糖尿病は自覚症状がないものなので、(初期)本当に健康診断などは欠かせないということを改めて認識させられますね。

さて、

■糖尿病の合併症

糖尿病を長い間治療などを行なわず、そのままにしておいた結果、ひどくなると糖尿病の合併症が起きる

●糖尿病の合併症とは 糖尿病の症状ははじめのうち、痛みなどの自覚症状がないため、検査で血糖値が高かったり、治療が必要といわれたことがあっても、そのまま治療を受けない人が多い。

しかし、糖尿病を長い間そのままにしておき、ひどくなると糖尿病の合併症を引き起こす。 糖尿病による腎臓障害で人工透析を始める人も多く、また糖尿病が原因の視覚障害が発生することもある。

また、糖尿病の人は、高血圧になる可能性が高いともいわれる。

それは、糖尿病と高血圧の危険因子が同じだからだと考えられている。

つまり、糖尿病に様々な合併症が起こる原因は、糖尿病の危険因子と他の病気の危険因子とに共通している原因が多いからだと考えられる。

糖尿病の合併症の例 糖尿病網膜症 糖尿病腎症 糖尿病神経障害(手足のしびれ・壊疽など) 脳梗塞 脳卒中 心筋梗塞 感染症 皮膚の病気 下肢閉塞性動脈硬化症 糖尿病の合併症の中で代表的な病気を糖尿病の3大合併症という。

●糖尿病の3大合併症

糖尿病網膜症、糖尿病神経障害、糖尿病腎症を3大合併症と呼ぶ。糖尿病に特有の合併症で、血糖コントロールをしないでいると、糖尿病発症時から10~15年でこれらの合併症が出てくるといわれる。 糖尿病網膜症 糖尿病網膜症になると、目の底にある網膜の血管が悪くなり、視力が弱まる。中には失明する場合もある。

また、白内障になる人も多いといわれている。

糖尿病神経障害 合併症の中で最も早く出てくるのが糖尿病神経障害。末梢神経障害の足や手の症状はさまざまで、手足のしびれ、ケガや火傷の痛みに気づかないこともあります。

そのほか筋肉の萎縮、筋力の低下や胃腸の不調、立ちくらみ、発汗異常、インポテンツ、EDなど、さまざまな自律神経障害の症状も現れます。

糖尿病腎症 糖尿病腎症になると、尿を作る腎臓の糸球体の毛細血管が悪くなり、だんだんに尿が作れなくなります。

すると人工透析(機械で血液の不要な成分をろ過して、尿を作る)を行なわなければなりません。

週に2~3回、病院などで透析を受けるようになるので、日常生活に大きな影響を及ぼします。現在、人工透析になる原因の1位がこの糖尿病腎症です。

●糖尿病の合併症の予防対策

糖尿病の合併症にならないためにも、医師の指示に従い、食事療法や運動療法で、血糖をうまくコントロールしていくことが重要です。 実際の糖尿病の合併症については、専門医の受診をおすすめいたします。

スポンサードリンク

糖尿病 初期症状 糖尿病 レシピ 糖尿病 診断基準 糖尿病学会 糖尿病 合併症 妊娠糖尿病 糖尿病 おやつ 糖尿病 原因 糖尿病療養指導士 一型糖尿病 糖尿病とは 糖尿病性腎症 糖尿病 症状 糖尿病 コーヒー 糖尿病患者メニュー 糖尿病学の進歩 2型糖尿病 糖尿病ネットワーク 糖尿病の食事 糖尿病性ケトアシドーシス 糖尿病 低血糖
ページ上部へ戻る